詩織保育園

園長先生からのお便りびんpost

何十年に一度の豪雨が残した日本列島の爪痕は何と言葉を掛けていいのか、掛ける言葉も見つからないというのが本音です。本当に心痛みます。幸いにもこの地域では被害はなかったものの、思い起こせば2000年の水害(東海豪雨)を思い起こします。自然災害は人の力ではどうにもならないとは言え、私たちの生活を見回し、生活スタイルを少し変えるだけでも、温暖化の道をおさえる小さな力にもなるのでしょう。又合わせて日頃の備えを確認していきたいですね。             さて早いもので梅雨も明け本格的な夏に向かいます。十分健康に注意して乗り切りたいですね。合わせてたのしい思い出作りを大切に!!                                 2018.7.11 詩織保育園 押村厚子
このページのトップへ